So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

アメリカでは何種類の予防注射を一度に接種しているか [アメリカでの出産と育児]

2013年、アメリカで産まれた娘が、生後2ヶ月目に受けた予防接種は、


DTaP/DTP/DT 破傷風・ジフテリア・百日咳の3種混合
Hib 小児細菌性髄膜炎のヒブワクチン
Polio(OPV/IPV) ポリオワクチン
Pneumococcal(PCV) 小児肺炎球菌ワクチン
Rotavirus ロタウイルスワクチン

以上の5種類の予防接種を一度に受けました。

3種混合をそれぞれ一つと数えると、7種類のワクチンを一度の受けたことになります。


うちの母から、一度に複数の予防接種を受けることは、恐ろしいこと、、、と聞いていたため、少し不安でした。

生後2ヶ月目に予防接種を受けた時、その当日から数日間は、娘がいつもよりよく寝るし、うんちや吐く回数が多いので、ワクチンの影響だと思いました。
しかし、一度に5種類の予防接種をしたため、一体どのワクチンの影響なのか、私としては特定できず。

医師や看護師である義母の話では、Rotavirus ロタウイルスワクチンが、嘔吐や下痢の症状を引き起こすらしいです。

それも一時的なことでした。

現在、娘は、全く問題なく元気です。


その後、生後4ヶ月目に

DTaP/DTP/DT 破傷風・ジフテリア・百日咳の3種混合
Hib 小児細菌性髄膜炎のヒブワクチン
Polio(OPV/IPV) ポリオワクチン
Pneumococcal(PCV) 小児肺炎球菌ワクチン
Rotavirus ロタウイルスワクチン

と、生後2ヶ月目と同様に、5種類の予防接種を受けました。

スポンサーリンク





また、生後5ヶ月目には、Rotavirus ロタウイルスワクチンを除く、

DTaP/DTP/DT 破傷風・ジフテリア・百日咳の3種混合
Hib 小児細菌性髄膜炎のヒブワクチン
Polio(OPV/IPV) ポリオワクチン
Pneumococcal(PCV) 小児肺炎球菌ワクチン

と、4種類の予防接種を受けました。


うちの娘に関しては、全く問題なく、至って元気です。


2014年4月にアメリカから日本に戻った時、保健センターに行き、母子手帳をもらって、初めて、日本では4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ混合ワクチン)を行っていることを知りました。

アメリカで、娘は、ポリオワクチンを単独で接種していました。そのため、日本でも3種混合とポリオワクチンを単独で接種する必要があると思っていたのですが、結局、4種混合を接種しました。

実際、4種混合を受けるとき、かかりつけの小児科医も、あまり自信がなかったようで、私自身で保健所の問い合わせるように言われました。
保健所に問い合わせると、現在は4種混合しかないとのことで、特に問題ないので、4種混合を接種するように言われました。

娘は、至って、元気です。



日本に戻って来て、児童ホームで会ったお母さんと話をしていたときには、
「アメリカではやっぱり一回でたくさんの種類の予防接種を受けるんだー!こわいねー。」
と、驚かれました。

しかし、今、日本でも、そのとき接種可能な予防注射は一度に受けてしまうことが可能なんですね。

うちでは、そのとき受けることのできる予防接種を一度に受けています[病院]

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。