So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

2歳児の娘が唇の皮をむいていること [日記]

2歳の娘が、ここ1ヶ月間、自分の唇が乾いているのを気になっているのか、唇の皮をむいています。


くせになっているようで、ちょっとでも暇な時間ができると、ずっと唇をいじっています。


Pantsが何を言っても止めないため、子ども用のリップクリームを買い、いじりそうになる度、塗っていました。

しかし、リップクリームで唇の乾きが良くなることはありませんでした。

そして、娘も、唇の皮をむくことを止めませんでした。



そのうち、インフルエンザに感染し、39.3℃の高熱が出て、唇の乾燥が悪化し、一人でぐったり布団に寝ている時間も増えると、唇をいじる時間も増えてしまいました。

気づけば、唇から血がたくさんでていました。

ソフィ「痛いー。痛い-[もうやだ~(悲しい顔)]

痛いと言いながらも、皮をむくことが止められず、起きてくるたび、唇が以前と比べて2倍くらい腫れ上がったようになってしまいました。


「どんどん痛くなるよー!触らないほうがいいよ!」
と、言っても、うちの子には逆効果で、さらに触ってしまいます。

スポンサーリンク





その時は、小児科に行くことも考えましたが、外に出るのも体力を消耗するし、結局、処方されてもワセリンかなー、、、と思い、行かず、、、。

このままリップクリームを塗り続けるのは、傷だらけの唇に良くないだろうと思い、薬局でワセリンを買ってきました。


ワセリンを塗って翌日から、傷もどんどんよくなりました。

ワセリンのおかげだけではなく、インフルエンザによる風邪症状が良くなり、食事も取れるようになって、栄養状態も良くなったため、傷が治ってきたんだと思います。

しかし、出血して痛い思いをしたのに、その後もしばらく、娘は、唇の皮をむいていました。


その数日後、息子の風邪で小児科受診のついでに、ソフィの唇のことも医師に聞くと
「そっかそっか!ワセリン処方しておくよ。体全身、どこに塗っても大丈夫だからね。」
と、かる~く言われ、結局、ワセリンを処方してもらいました。


(追記)2016年3月9日
その後、ワセリンを自ら塗りたがったりしますが、いつの間にか、唇の皮をむかなくなりました。
最近、乾燥しなくなって、唇も潤ってきているからだと思います。
唇の皮をむくのは、数ヶ月だけの時期的なのかもしれません。

2歳差の育児 トラブル③ 指しゃぶり

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。