So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもを持つ女性が働くことは簡単ではない [ひとりごと]

先日、Pantsは、再就職のために面接をしました。

そこには、知り合いの元上司がおり、面接前に言われたことがあります。

元上司「子どもはよく熱を出します。子どもが熱を出す度に休んでいたら仕事にならないので、そういうときには親の協力が得られるように住む場所を考えて。」


やっぱり、夫婦が協力するだけじゃ、子どもがいて働くなんて、無理じゃん[むかっ(怒り)][exclamation×2]


と、思ったPantsです。


スポンサーリンク





子どもを産んでから、パートでしか働いたことがないPants。

娘を保育園に預けてパートで働いていた時、小学生以上の子を持つ正社員の同僚に子どもが熱を出したとき、どうしていたのか聞いてみると、
元同僚①「母が迎えに行っていたよ。親と一緒に住んでいたからね。」
元同僚②「親に頼っていたなあ、、、。親が近くに住んでるんだよ。」
と言っており、やはり親の近くに住まないと正社員として働くのは無理なのかと悟ったPants。

また、子どもが熱を出したり、子どもの行事とかで夫が休んで子どもの世話をすることはないのか聞いてみると、
元同僚①「ありえない。」
元同僚②「え?どうやって?」
と言っており、やはりどんな場合でも女が仕事を休むことは当たり前の世の中なのかと悲しくなったPants。


親に頼らないと、子どもがいる女性が正社員で働くことは難しいのでしょうか。

正直、親に頼るのは気が引けるのです。

親が元気ならまだしも、Pantsの親は、孫(Pantsの子ども達)が遊びに来るだけで、疲れのためか、数日後には39度の高熱を出すなど、寝込むこともしばしば、、、。


そもそも、子どもがいる女性が正社員として働くためには、家族の事情で早退、欠勤はしない、残業はするというように、男性のように働かなければならないのでは?

女性が社会で活躍するために、男性のように働くのではなく、男女共に残業はしないとか、男性が積極的に家族の事情で早退、欠勤をするなど、働き方を変えるという方法はないのでしょか。

このままでは、働く女性は男性化する必要がありますねえ、、、。


多くの女性に働くことを望んでいる社会のはずなのに、社会が女性に男性と同じような働きを求めるならば、正直、子どもがいる女性が働くことは、無理だと思います。

また、働く女性は、子どもを持ちたいとは思わないでしょう。

それとも、女性には、正社員ではなくて、パートで働いてほしいと社会は考えているのでしょうか。

夫婦が共に正社員として働くことは、協力者が近くに住んでいるなど限られた条件が揃った家族でなければ無理なのでは?


子どもが熱を出したり、子どもの行事など、子どものために正社員である女性が仕事を休んではいけないなら、一体誰が子どもを見るんですか?
夫ですか?
夫が子どもの熱を理由に仕事を休めるんですか?
無理ですよね。
じゃあ、誰が子ども見るんですか?
親ですか?
やはり、自分たちだけで子どもを育てるのは無理ですよね。
親の協力を得るにしろ、近くに住んでいたり、健康なら良いですが、そうではなければどうするんですか?
これでは、女性は正社員で働けませんよね。


保育園の増設はもちろん必要だと思いますが、まず、会社など社会が子どもを持つ女性が働きやすくなるように考え方を変える必要があると思いますが?

スポンサーリンク





元上司が、所属部署のトップに私の経歴について確認をしたとき、
トップの人「彼女には小さい子どもが2人いるが、子どもを理由に休んだりすることが多かったりしたら困るな。」
元上司「すでに、彼女には、子どもに何かあった時に両親など家族の協力が得られるように、住む場所を考えるよう伝えてあるので大丈夫です。」
というやりとりをしたそうです。


これには、正直、衝撃を受けました。

元上司だけではなく、そのトップの人もそのように考えているなんて、、、。


この仕事を受ける前に、派遣会社にも求職中、子どもがいることについて相談したことがあります。

しかし、相談した3つの派遣会社が共通して言ったことは、小さい子がいるので、派遣社員として雇うことはできないということでした。

理由は、小さい子がいて休む確率が高いため、派遣する会社のニーズを満たすことはできないからだそうです。


子どもが小さいと夫婦が正社員で働くことが、いまだに、、、こんなにも難しいなんて、、、本当に、、、がっかりしました[バッド(下向き矢印)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。