So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

I am Sam(アイ・アム・サム) [映画 (ネタバレあり 注意)]

★★★★


7歳の知能しかない男性がホームレスとの間に娘を持ち、一人で娘を育てていく、家族愛を描いた2001年の映画です。


いくつもの場面で泣きました[もうやだ~(悲しい顔)]


娘役のダコタ・ファニング(Dakota Fanning)が、とにかく上手です!

涙を誘います。

見ていて、日本のドラマ、『Mother』に出演していた芦田愛菜ちゃんを思い出しました。


また、7歳の知能しかない男性が俳優をしたのかと思ったら、ショーン・ペン(Sean Penn)という俳優でした。

すごい!本当に上手です[exclamation]

感動しました。


全体的に胸を苦しくさせる映画でした。

子どもを育てるために必要なことは、高い知能を持つ親より、親がその子に向ける愛情のほうが、何倍も重要なんじゃないかと思わされました。

サムのルーシーに向けられた純粋な愛情は、うらやましいくらいです。


Pantsは、いつの間にか、子どもがちょっとできたことに対して、すごく感動できなくなったり、一緒に喜ぶことができなくなっているような気がします。

子どもの将来を考えて、、、という理由で、しつけとして、悪いことをすればすぐ怒ったり、規制をかけたり、ルールを作ったり、、、。

最近、そんなことばかりに子どもと過ごす時間を費やしたりしているような気がしました。

子どもって、親と一緒に喜んだり、楽しんだり、寄り添ったりしたいだけだったりするのかな、、、と、思います。


いろいろ考えさせられました。

また、いつか必ず見たい映画です。

Marley & Me(マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと)
Grown Ups(アダルトボーイズ青春白書)
ヒューマン 感動 ドラマ

スポンサーリンク






人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。